ヴァナ・ディール出戻り紀行

出戻り樽のへっぽこ再修業記録。
永遠に修行中。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | category: - |
<< 試行錯誤。 | main | 鉄壁のアルザビ。 >>
目標達成。
GW-05729.jpg
最近のカンパニエでは、新しい汁ペットの子たちと良く会います。


千里の道も一歩から、てなわけで地道なカンパニエバトル参加+クエアイテム取りついでの微リミポゲッツ+特殊訓練の併せ技で、ほぼゼロだったリミポがやっとこ3万貯まりました。最後の半端はopsで埋めた。オイラちょっと目が血走ってた。
こんなちんたらプレイのオイラでも都合4日ほどで貯めることができたので、ホントに良い世の中になったものです。とか言ってたらもう世間には続々とLv80の猛者たちが生まれているわけですね。それには到底及びませんが、オイラなりに頑張った4日間でありました。どうやらオイラやればできる子だったようですよ。ううん、知らないけどきっとそう。


GW-05736.jpg
そんなわけで無事限界突破。


メイジャンモーグリとやらになにやらやっつけ感たっぷりの仕打ちを受けて、レベル上限が80になりました。あ、モグに話しかける時は横のアングルからが良いようです。オイラロボにだまされてわけのわからん事になりました。真後ろから見ていると、プロトクリスタルが突き刺さったのかと思う事態に陥ります。これからモグのところへ向かう方は、「なんのこっちゃ」と思うでしょうがお心に留めておいていただけますれば。


GW-05753.jpg
顔を見たのは何年ぶりだろう。


ラバオへ魔法を買いに行く途中、引退前に超お世話になっていたJさんとばったり会いました。ヴァナの活動時間が違う+ヴァナでの生活が全く違うので引退後は殆どご縁はないけども、半年に一度くらいちらりとtellで話したりするくらいには細い縁が続いております。
確かカンストしてから会うのは初めてだかなんだかで、オイラのいでたちを見て「立派になられて…(つД`)」と目頭を熱くされておりましたが、レベルが上がっただけで(しかもヴァナに降り立った時の目標とは違うジョブが)中身は立派どころかさっぱり何も変わっていないと言う事は黙っておきました。そんなJさんもとうにLv80に到達していましたが、彼の精神と時の部屋はプロミヴォンだった模様です。


GW-05787.jpg
ダハクとか初めてみた。


セコム引率のもと、ナイズル見学に行ってきました。
いずれ皆でちょろっとやってみようかーと言うことでホントに見学に行っただけでしたがオラわくわくしてきたぞ。てなわけでその後ちょろっとナイズルのことなんか調べてみたりしたわけですが、迅速的確な行動云々以前に迷わない自信がないんですがこんなオイラでも大丈夫なんでしょうか。未だにサルタで迷いますがどうですか。


てな感じで少し時間があった週末、なんだかんだしつつキャップ開放で真っ白になったスキルを上げるべく試行錯誤もしてました。てか土竜でスキル上げできなくなった(のかLv76以上がダメなのか細かいことは全然わかんないわけですが)とか知らなくて、尻とロボと三人で意気揚々と岩を殴りに行き、絶望して出てきました。
仕方ないから強い子殴りに行くか、といったところでいつもいってたボヤはメイジャンで溢れかえっていたので苦肉の策でクフタルの時間岩の奥のトラとかコカとかやってきました。流石にあんなとこ空いてるだろうと思ったけど軽く獲物の取り合いになって吃驚よ、ヒナ吃驚。んでもカンパも狩場も少しずつは元に戻りつつあるんですかね。少しだけど。てかスキル上がらない上がりにくい…Orz

JUGEMテーマ:FINAL FANTASY XI


| comments(0) | category: ぐだぐだな色々。 |
スポンサーサイト
| - | category: - |
Comments









Attention
最新記事最下部の広告は、Google AdSenseがタイトルや本文中のキーワードを検知して、関連する内容の広告を自動的に表示しているものです。RMT、外部ツール販売等の広告が表示されることがありますが、当ブログでRMT、ツール等々を推奨しているわけではありませんのでご理解ください。寧ろダメ。絶対(´・ω・`)
Profile

Profile

Profile
Selected Entry
Comments
Favorites
Others
Search this site
Sponsored Links